大分県厚生連 鶴見病院〒874-8585 大分県別府市大字鶴見4333番地
大分県厚生連 鶴見病院

HOME > 臨床研修センター > 初期研修プログラム

当院の研修体制の特徴

 医師の道は長く厳しいものです。日々の診療にはつらいことや悩むことがたくさんあるのは確かです。しかし、病に苦しむ患者さんを助けるという医師の使命を果たしたときには、それ以上の喜びも生まれます。当院では、患者さんの協力を得ながら、病院全体で新しい医師を育んでいきます。また、癌や急性疾患に対する最先端医療を提供することにより、研修終了後の先を見据えた専門医を育成することを目指しています。
1.充実した診療科
 当院には、ほぼ全ての臓器をカバーする診療科がそろっています。
 初期臨床研修の2年間は、プライマリーケア(初期診療)技術の習得を基本としますが、それぞれの専門家から指導を受けることにより、より深い知識を得ることができます。
また、各専門家が活躍する姿を見ることにより、自身の研修終了後の進路についてヒントが得られるでしょう。

2.地域の基幹救急病院
 当院では年間約2100台の救急車を受け入れており、大分県東部の救急医療の一翼を担っています。
救急部門をローテート時は、担当医の指導の下に、豊富な救急症例に触れることができます。また、各診療科の研修時にも、多くの急性期疾患を経験することができます。

3.大分県がん診療連携協力病院

健診から治療まで

 当院に隣接する、大分県厚生連健康管理センターでは健康診断を行っています。
鶴見病院では、内視鏡センター、外来化学療法室、内視鏡外科手術や放射線治療を充実させており、リスクの高い癌患者さんにも、低侵襲かつ複合的な治療を行うことができます。

緩和ケア

 当院には緩和ケア病棟があり、臨床心理士や緩和ケアナースによる緩和ケアチームが編成されており、癌治療早期から患者の心理的ケアを行っています。
 この活動に触れることにより、コミュニケーション能力を高め、緩和ケアや終末期医療に関する知識を習得することができます。

臨床研修プログラム

【臨床研修の目標】
 医師としての広い人間愛を涵養し、プライマリケアの理解を深め、患者の権利を尊重し、
 全人格的に診療できる基本的な臨床能力を修得する。

1.プログラムの原則
 1.初期研修期間は2年間とし、研修は当院および当院が指定した臨床研修協力施設において実施します。
 2.初期臨床研修中のアルバイトはすべて禁止します。

2.プログラム参加施設
 地域医療や本院には設置されていない診療科については、研修協力病院(施設)で研修を行うことができます。

研修風景1 研修風景2

スケジュールの例

1年次 2年次
1~4週 オリエンテーション
(点滴・採血) 4週
地域医療 4週
5~8週 内科 30週 産婦人科 4週
9~12週 精神科 4週
13~16週 小児科 4週
17~20週 選択科 36週
(一般外来を並行研修)
21~24週
25~28週
29~32週
33~36週
外科 5週
37~40週
救急(麻酔科) 4週
41~44週
選択科 9週
45~48週
49~52週
※内科研修では、血液内科、呼吸器内科、腎臓内科、循環器内科、消化器内科、糖尿病・代謝内科、腫瘍内科、神経内科から3診療科を選択し、それぞれ10週ずつ研修する。
※外科研修では、消化器外科、呼吸器外科、整形外科、脳神経外科、腎臓外科・泌尿器科より1診療科を選択し、5週間研修する。
※救急科研修については麻酔科で4週間研修を行う。また、通年で週1回の救急研修を行い(並行研修)、残りの8週分とする。不足した場合は2年次の夜間当直の一部を救急科としてカウントする。
※2年次の選択科研修中に総合内科外来にて週1日一般外来の並行研修を行い、4週分とする。
※選択科は本人の希望に沿い選択可能だが、到達目標である症例経験が達成できるように配慮する。

処遇・待遇

身分 正職員
研修手当 《基幹型》基本手当
(1年次)450,000円(税込み) (2年次)480,000円(税込み)
《協力型》基本手当
(1年次)450,000円(税込み) (2年次)480,000円(税込み)

※当直手当あり
休診日 第1・第3土曜日、日曜日、祝日、年末年始
勤務時間 8:30~17:00
休暇 有給休暇(1年次)10日 (2年次)20日
夏期休暇・盆休暇・年末休暇
その他(慶弔休暇など)
当直 月に約3回
社会保険等 健康保険
厚生年金保険
雇用保険
労災保険
健康診断 年2回
医師賠償責任保険の扱い 病院にて加入
個人加入は任意
研修活動 学会、研究会への参加可

先輩からのメッセージ

※氏名にマウスを合わせると内容が確認できます。




■2年目研修医

 初めまして。鶴見病院基幹型で二年間研修をさせていただいています、猪口悟一と申します。
 私は宮崎大学出身ですが、縁あって大分県の鶴見病院で働かせていただくこととなりました。自分なりに当院の特徴をいくつか紹介させていただき、皆様の病院選びの参考にしていただけたらと思います。
 4月は多職種合同のオリエンテーション期間が3週間ほど設けられており、基本的手技や感染対策等、しっかりと準備をした上で以後の研修に臨むことが出来ます。また、この期間は他職種の方々との親睦を深めることが出来る貴重な期間でもあります。5月からはローテーションが始まりますが鶴見病院では診療科が豊富であり、他科との垣根も低く、上級医の方々も優しく熱心な指導をしてくださいます。また、心カテや内視鏡の件数は県内でもトップクラスであり、手技的な面でも研修医として多くの経験値を積むことが出来ます。
 医療的な内容以外にも、施設が綺麗であることや福利厚生が充実していること、医局事務の方々が非常に優しいことなど、鶴見病院には多くの特徴があるのですが、ここでは書ききれないので、後は実際に病院見学に来ていただいて自分の目で確かめていただければと思います。お待ちしております。

 研修医2年目の岩永賢三です。初期研修医として勤務をはじめて、あっという間に一年が立ちました。少しずつできることも増えてきて、程よい緊張感を持ちつつも毎日とても楽しく、伸び伸びと働かせてもらっています。初期研修病院選びの基準は、一般的に診療科の充実度や年間救急車の台数、医局の雰囲気に研修医の待遇等々、色んな要素があって難しいと感じている方が殆どだと思います。そこで、鶴見病院の魅力を選ぶべき理由のほんの一部を紹介させてもらいます。1つ目に、まずは内科がとても充実していることが挙げられます。初期研修で最も長い時間を過ごすのは内科ですから、ほとんど全ての内科が揃っている鶴見病院では、より幅広い経験を積むことができるはずです。次に、その規模がちょうどよいことです。十分な臨床科の数がありつつも、医師全員の机が1部屋で収まる規模のため、診療科同士の仲も良く、質問・相談が非常にしやすい医局です。更には研修医のための抄読会、勉強会、研修医室、そして教科書を買い揃え勉強するのに十分な給与や手当の数々と、申し分のない環境が整っています。その他にも救急車の台数に手技の件数、大学病院との関係の深さなど、ここでは書き尽せないほど魅力だらけの病院です。実際に一年働いてみて、勉強面も生活面も、極めて充実した良い研修生活が送れていると感じています。是非一度、見学にいらしてください。当院の魅力を紹介させてもらえれば幸いです。

 研修医2年目の中村恭子です。私は福岡大学を卒業後、鶴見病院で研修医として働いています。病院自体の特徴は書いてありますので、実際に働いてみてよかったと思うことをお伝えします。 まず研修医の数がちょうど良いということです。研修医は2年目が4人1年目が6人の計10人です。研修医室があり、情報の共有や相談がしやすく親睦を深めることができます。各科を回る研修医は多くても2人なので手技の取り合いになることが少ないということも魅力的ではないでしょうか。 つぎに先生方が本当に優しくて、相談しやすいということです。まだまだ分からないことが多いですが丁寧に教えてくれてとても勉強になります。研修医向けの勉強会もあるため研修ローテーションに入っていない科についても学ぶことができます。研修医は先生に抱えている問題や状況を話すことのできる場が設けられており、精神面でのサポートという点でも配慮された環境にあると思います。 働いている中でよかったことをお伝えしましたが、ここで魅力を伝えるには限界があります。来ていただくともっともっと鶴見病院の魅力が分かると思います!私も2年前見学に来たときに、研修医の先生が働いている様子がキラキラしていたこと、先生が優しかったということもあり志願しました。そして本当に来てよかったと思っています!ぜひ一度鶴見病院にお越ししてください!!!お待ちしております!!!

 研修医2年目の平石瞳美です。鶴見病院での研修が始まり、あっという間に1年が経ちました。鶴見病院では、1年目の研修医は5月から本格的に各科へ配属されるのですが、4月は研修医や看護師、薬剤師や技師など多職種合同のオリエンテーションがあります。学生のときにはあまり実践する機会のなかった手技を丁寧に教えていただいて練習することができ、またコメディカルの同期と親睦を深めることができました。コメディカルに顔見知りの同期がいるというのは研修中とても心強く、その後の研修生活で合同オリエンテーションのありがたさを実感しています。
 1年ほどではありますが様々な科を回って、指導医の先生方について病態を検討したり、手技を指導していただいたりしました。科によって手技はさまざまですが、内科全般がそろっていること、また研修医の数が多すぎないということもあって、各科で経験できる症例は十分あるのではないかと思います。
 鶴見病院は指導医の先生方やコメディカルのスタッフの方々がみなさん優しく、また病院の建物はどこも清潔感があり、研修する環境が整っています。興味のある方は実際に見学して鶴見病院の雰囲気を感じていただければと思います。ぜひ1度見学にいらしてください。お待ちしております。



■1年目研修医

 研修医1年目の寺師尚平と申します。私が鶴見病院での研修を選んだ理由のいくつかを紹介したいと思います。1つ目は上級医の先生方がとても丁寧に指導してくださることです。私が学生時代に鶴見病院で病院見学や実習をさせていただいた際に先生方が研修医の先生に丁寧に指導されているのを見て、鶴見病院で研修をしてみたいと思いました。実際に研修をしてみて、上級医の先生がとても丁寧に指導してくださるので、楽しく研修をさせていただいています。
 2つ目は症例数が多く、いろいろな手技や知識を学ぶことができるということです。鶴見病院のカテーテル検査数や内視鏡検査数は県内でもトップクラスであり、たくさんの症例を経験することができます。現在私は循環器内科で研修をさせていただいておりますが、PCIやペースメーカー植え込み術、アブレーションなど様々な手技を学ばせていただいております。
 3つ目は救急科が当番制であるということです。鶴見病院では週一回の救急当番を年間を通して行うことになっています。年間を通して救急に携わることができ、また、救急がないときには自分のまわっている診療科の勉強ができるので効率的に研修を行うことができます。
 他にも鶴見病院での研修には魅力的なことがたくさんありますが、実際に自分の目で見ることが一番だと思いますので、ぜひ一度病院見学にお越しください。お待ちしております。

 初期研修1年目の伏見絵里奈と申します。私は大分県出身で、大分大学を卒業しました。鶴見病院で初期研修を始めて2か月が経ちましたが、指導してくださる諸先生方を始め、温かく支えてくださるスタッフの方々に恵まれて、充実した研修生活を送っています。
 鶴見病院での研修を実際にして良いと思ったことは、第一に、研修医の数が少なすぎず多すぎないということです。研修医は、現在1年目が6人、2年目の先輩方が4人の計10人です。大人数があまり得意ではない私にとって、研修医室にて日々の研修生活での疑問や悩みを相談しやすく、10人という人数はちょうど良いと思います。第二に、医局が1つであり各科の垣根が低いことも魅力的だと感じています。医局は研修医を含めて1つの部屋にあるため、各診療科同士の仲が良く、疑問に思ったことを聞きやすい環境です。上級医の先生方はとても優しく、丁寧に教えていただき、大変勉強になります。
 鶴見病院がある別府は、歴史ある街であると同時に、外国の方が数多く在住しており、他の地域では出会えないような経験が積めるかもしれません。別府ならではの研修をしたい方にとても良い環境であると思います。鶴見病院の魅力はここでは書ききれないほど沢山あるので、気になることがあればぜひ見学にいらしてください。私たちに何でも聞いてくださいね。皆さんにお会いできることを楽しみにしています。

 研修医1年目の脇坂昌平と申します。私が鶴見病院に勤め始めてから感じた魅力を話したいと思います。魅力は大きく3つあります。1つ目は教育体制がきちんと確立しており、指導医の下で徐々に臨床的なスキルを学んで行ける事です。全国の病院の中には研修医となってまもなく臨床現場に放り出され、右も左もわからぬまま研修をスタートする病院もあります。これは医学生から医師になるあたり非常に不安な点であることは私も身をもって感じてきた事です。鶴見病院では綿密に組まれたオリエンテーションから始まり、0から優しく丁寧に教えてくださる先生方、看護師、コメディカルのおかげで、段階を経て臨床を学んでいくことが出来ます。2つ目は豊富な手技を経験できることです。循環器ではカテーテル、消化器内科では内視鏡といった手技を他の病院ではまずできないほど研修医のうちから経験することが出来ます。医師となるに当たり、何か学生時代と明らかな変化を欲する方には非常に恵まれた環境であることは言うまでもありません。3つ目は病院が綺麗であることです。極めて過酷と言われる研修医の2年間を「やり抜く」というのは重要な事で、きっと鶴見病院は皆さんが研修医生活をやり抜くにふさわしい環境を提供してくれます。今私はこの文章を読んでいる全国の学生さんが鶴見病院に興味を持ち、来年度皆さんと共に働ける事を想像して止みません。まずは病院見学に来ていただきその魅力を感じてみてください。それでは国家試験合格を目指して頑張ってください。

募集要項

卒後臨床研修2019年度募集要項

プログラム名 大分県厚生連鶴見病院医師臨床研修プログラム
募集定員 4名
募集書類提出締切 2019年8月9日(金)
選考日 2019年8月20日(火)
※上記日程が難しい場合は、別途ご相談ください。
応募書類 1.研修医採用願書
2.成績証明書
3.卒業(見込)証明書
4.履歴書
5.小論文
6.確認票

※以上の書類を取りまとめて、応募受付期間までに大分県厚生連鶴見病院臨床研修センターに持参又は、下記宛名に書留郵便にて郵送してください。
※応募者には、後日メールにてご連絡いたします。
応募資格 2019年度医師臨床研修マッチングに参加し、
第114回医師国家試験受験予定の者
選考方法 面接試験、小論文 (応募書類に同封して事前提出)
小論文のテーマ「初期臨床研修に向けての抱負」

〈作成要領〉
・市販のA4サイズ400字づめ原稿用紙に横書き
・2枚以内で作成
・ワープロソフト等で作成の場合は、A4サイズの白紙を縦に使用し
 横書きする事とし、1行の文字数は20文字、1頁の行数は20行、
 フォント及びサイズは、ゴシック体の15ポイントとする
 研修医採用願書は下記からダウンロードいただけます。
 研修医採用願書に必要事項をご記入の上、募集要項に記載のお問い合わせ先まで郵送又は持参して下さい。
▶ 募集要項ダウンロード(PDF) ▶ 受験願書ダウンロード(Word)
お問い合わせ・書類提出先
大分県厚生連鶴見病院 臨床研修センター
〒874-8585 大分県別府市大字鶴見4333番地
TEL:0977-23-7111(Ext. :4945)  FAX:0977-23-7039  
MAIL:tt-center@ok-tsurumi.com
▲ ページトップへ