大分県厚生連 鶴見病院〒874-8585 大分県別府市大字鶴見4333番地
大分県厚生連 鶴見病院

HOME > 部署紹介 > 看護部
看護部

看護部長あいさつ

鶴見病院 看護部長 増田 勝美

看護部長
増田 勝美
 病院理念である「恕」は儒教の用語で、思いやりを意味します。「自分を思うのと同じように相手 “患者さん、ご家族、そして職員同士” をおもいやりながら実践する」が看護部のモットーです。
 看護は専門性の高い知識・技術に加えて、主体性や豊かな人間性が求められる職業です。そのため新人教育は手厚く、多彩なプログラムときめ細かいサポート体制を準備しています。また新人を支えるプリセプターや実践指導者の育成、リーダー・管理者の育成にも力を入れています。
 現在、鶴見病院の看護部では280人以上の看護師が働いています。結婚・出産後の子育て世代の看護師の割合も多く、若い世代、ベテラン世代とそれぞれの層がバランスよく勤務できておりとても良い状態です。
 これからもライフステージに合わせた柔軟な勤務体制など、働き方改革にも積極的に取り組むことで、看護師ひとり一人が誇りとやりがいを持って働き続けることができるような職場環境づくりに努めてまいります。
 チームワークの良さが鶴見病院の強みです。是非、この鶴見病院で共に働き学んでみませんか。そして、「鶴見病院に入院して良かった」と言ってもらえるような、地域に選ばれる病院づくりを共に目指しましょう。

看護部理念


~おもいやりの心で看護を提供します~

 お互いの信頼を深め ゆとりのある 手厚い看護

看護部方針

1.患者さんに寄り添い、おもいやりの心で、安全・安心・信頼される看護を提供する
2.専門職として確かな知識・技術のもとに、安心・安全・安楽な看護を提供する
3.医療チームと協働し、看護の役割と専門性を発揮する
4.専門職として高い倫理感を持ち、倫理的配慮と心配りのある看護実践に努める
5.専門知識の習得に努め、自己研鑚に努める
6.業務改善と職場の活性化で健全な病院運営に参画する

看護部目標

2021年度 看護部目標

1.安心・安全・信頼できる看護サービスの提供
2.救急受入れ体制の強化
3.効果的・効率的な病床運営による病院経営への貢献
4.継続的な医療・看護の質評価の推進
5.他職種やチームとの協働で実践する業務改善の推進
6.入退院支援・在宅療養支援・継続看護の強化
7.身体抑制の低減への取り組み強化
8.適正な感染症対策の実践と強化
9.看護実践能力の強化と人材育成の推進


〈クリニカルラダー体系図〉
クリニカルラダー体系図

体制について

看護体制 ●一般病棟 7:1 ●ICU2:1
看護単位 ●病棟5単位 外来 手術室 透析室 緩和ケア
看護方式 受け持ち性+機能別(チームナーシング)
看護記録 PONR
夜勤の種別 ●病棟2交代・3交代(3人体制) ●外来2交代

教育

教育理念

教育理念

 キャリア開発の視点に立ち、一人ひとりの看護師が専門職として自立(自律)成長することを支援する。

教育目的

教育目的

 専門職業人として主体的かつ継続的に質の高い看護実践ができるよう成長段階に応じて教育的支援を行う。

教育目標

1.各セクションの専門性を発揮し、患者さんを尊重した看護ケアができる。
2.医療チームの一員として責任を自覚し協働できる。
3.よい人間関係を築くことができる。
4.看護の質向上を目指し、主体的な学びができる。
5.自立的な行動ができる。
6.看護研究ができる。

年間研修計画

キャリア開発について

 看護部では、看護師が将来の目標の設定ができる教育計画を明示しています。看護師一人ひとりの能力及びライフスタイルに応じて、臨床実践能力の向上に取り組めるよう支援しています。キャリア開発プログラムは、「看護サービス実践能力」「マネジメント能力」「人間関係能力」「教育・研究能力」の4つの能力から構成されます。
看護サービス実践能力 豊富な専門知識と正確な技術のもと、患者の状態に応じた適切な看護サービスの提供をする能力
マネジメント能力 適切な看護サービスを提供するために、看護師に求められる役割や成果責任、看護に必要な管理能力
人間関係能力 患者およびその家族との信頼関係を確立するためにコミュニケーション技術を高めるなどの人間関係を築き上げる能力また、看護スタッフや他職種との良好な関係を築くと共に、円滑なコミュニケーションをとることができる能力
教育・研究能力 能力を自ら開発するとともに、臨床の場は常に教育の場であることを認識して後輩や他者を支援する。 また、患者サービスの向上のための自己開発能力、および研究を通して看護へ科学的追及を行う能力

専門分野

認定看護師 
緩和ケア 認定看護師
緩和ケア

 患者さん・家族の方の苦痛を緩和できるように支援します。病棟では「自分らしく過ごされる」お手伝いをさせていただきます。多職種による緩和ケアチーム医療で患者さんの身体面は勿論ですが、精神面など幅広く対応します。からだとこころの痛みを和らげ生活やその人らしさを大切に患者さんの悩みや不安を一緒に考え納得できる療養の選択に努めます。

がん化学療法看護 がん化学療法看護

 外来がん化学療法を受けられる患者さんに確実に安全な化学療法が行われるように支援します。患者さんが社会生活・日常生活を安心して過ごせ、治療が継続される環境調整などに努めています。化学療法に係る副作用の対処や方法などの支援をします。入院中の患者さんの副作用についても病棟看護師の相談に対応します。

糖尿病看護 糖尿病看護

 糖尿病は継続療養が必要な慢性疾患です。多様化・複雑化する社会生活の中で、これまでの生活習慣の見直しや変更が重要になります。 食事・運動・服薬・インスリン注射など自己管理(セルフケア)が求められます。これらの自己管理(セルフケア)を患者さんと一緒に考えながら、継続できるように工夫し支援します。

感染管理 感染管理

 感染対策は一人ひとりが正しく実施しなければ対策になりません。標準予防策や感染経路別予防策をはじめとする感染管理の知識・技術を浸透させ、感染対策が遵守される環境整備に取り組んでいます。患者・家族の方が安心して入院生活を過ごされ、病院で働くすべての人に感染対策の知識を深め、実践と継続した活動ができるような支援体制作りに努めています。院内は勿論ですが地域においても感染防止対策が実践されるよう連携を強化しています。

▲ ページトップへ